利子について考える|信頼できる金融機関の利用|キャッシングで必要金額を借り入れ

信頼できる金融機関の利用|キャッシングで必要金額を借り入れ

女の人

利子について考える

男の人

キャッシングで借り入れることのできる金額というのは、金融機関によって異なります。大手金融機関の場合、1万円から500万円まで借り入れることが可能です。もし、キャッシングを利用するのであれば、しっかりとした返済計画を立てることが大切になります。キャッシングは基本的に一括返済ですが、大手金融機関であれば分割返済することができます。しかし、分割返済を選択した場合、月々の返済額に利子が上乗せされてしまうのです。借入利子は4.7%から17.8%(実質年利)だと言われており、返済が遅れると遅延利率として20%の利子が付いてしまいます。例えば、300万円借り入れたとして、その分割返済が60回払い(6年)だとします。利子無しで考えれば、月々の返済金額は5万円です。しかし、そこに17.8%の利子が付くと、月々の返済額は約7万6千円になってしまうのです。つまり、1万6千円分余分に払うことになります。

300万円という大口融資の場合、そういった利子の支払いは仕方の無いことでしょう。もし、借り入れる必要のある金額を最小限に考えるとして、その金額が10万円前後になるのであれば一括返済を選択することをお勧めします。一括返済であれば、利子が多く掛かる心配もありません。このように、キャッシングを利用する時には、自身の借り入れたい金額と自身の収入源を照らし合わせ、どれくらいで返済できるのかを考えることが大切なのです。キャッシングの利用は計画的に、綿密な返済プランを立てることが重要になります。