条件により異なる書類|信頼できる金融機関の利用|キャッシングで必要金額を借り入れ

信頼できる金融機関の利用|キャッシングで必要金額を借り入れ

女の人

条件により異なる書類

硬貨と秤

キャッシングを利用する際には、フリーダイヤルや店頭窓口にて直接申し込みを行なうことが可能です。どちらにおいても本人確認書類や条件によって収入証明書類を用意する必要があり、フリーダイヤルでの申し込みであればそれらの書類を金融機関に向けて郵送しなければなりません。直接申し込み時に必要となる書類について、本人確認書類というのは運転免許証等やパスポート、健康保険証のことを指します。ただし、パスポートや保険証にて本人確認を行なうのであれば、店頭窓口でも申し込み時に限り住民票が必要になるので注意しましょう。外国籍の方の場合、それらの本人確認書類に加えて別の書類も用意しなければなりません。別の書類というのは、在留カードまたは特別永住者証明書になります。

大手金融会社では、キャッシングであっても50万円以上の大口融資を受けることが可能です。また、他社から既に借入を行なっており、その金額とこれから借り入れる金額の合計が100万円を超える場合であっても、借り入れることができる可能性があります。しかし、それだけの金額をキャッシングで借り入れるためには、本人確認書類の他に収入証明書類が必要になります。収入証明書類というのは、利用者の収入が安定しているのかどうか、返済能力があるのかどうかを確認するための必要となる書類です。最新の源泉徴収票や確定申告書、直近二ヵ月の給与明細書と1年分の賞与明細書、その何れか一つを用意することで収入証明を行なうことができ、キャッシングを受けられるようになるのです。